滝さんのこと

昨日、アルカラのライブに行ってきました。
アルカラって、ボーカルの稲村さんが面白くて、如月に彼女、くらいしか知らないんですが( ̄  ̄;)。

なのになぜ!
それは、大好きな滝善充さんが。
無期限活動停止していた、滝さんが、サポートとして出演するから!!!
もうね、ギターを弾く滝さんをこの目で見られることは一生ないんじゃないかと思っていました。
それがね〜〜〜〜。
弾いてたよ〜〜〜〜。
ア〜〜〜滝さんの音だよ〜〜〜。
3曲と、アンコールだったけど、それで十分。
感動未だ薄れず。
私は滝さんを知って、40の手習いでエレキを始めたんですよ。
滝さんみたいにギターを弾きたい、そんな、もう、絶対無理な野望で。

最近、自動車運転免許を所得し、実家の軽トラを初心者マークで運転するとういうチャーミングさ!
仙人なのに、妖精なのに。
私はダリ(サルバドールダリね;)も好きなのだが、滝さんの音楽にはそれくらいの衝撃があるのだ。

その滝さんを迎えてくださったアルカラのあったかさも体で感じました。
すごいバンドだアルカラ。

わたし、ちょっとへこたれたのと、肘痛のために、しばらくギターレッスンを休んでいたんですが、今年は盛り返しますよ、今月から再開します。
もうね、ええねん、年齢的に上達とか、あんまり望まへん、でも、弾き続ける。
それで、1ミリでも(笑)、滝さんに近づけたら嬉しい。

なんか、この語り、稲村さんに感化されてませんか(笑)


[PR]
# by b6_2000 | 2018-01-09 21:00 | 9mm
桂浜を出る頃にはもう、午後もいい時間。
また絶景ポイントをスルーする悲しい工程( ; ; )。
時間があれば寄りたかった2件!

b0027899_22210323.jpeg
1。
伊尾木洞。この画像はネットから…
ジブリの世界ですって!
室戸へ向かう国道から案内の看板見つけたんですよ。
けど、残念。次回の宿題(笑)。
2。
道の駅従業員といたしまして、ここは要チェック。この活気、やる気、見た目(笑)。
寄りたい〜感満載です。偵察に行きたかったわ〜( ; ; )

そんなポイントをスルーして
海岸線をひた走る。
明日は曇り、雨の予報で、海に陥ちる夕日も雲の中。
急ぐ今夜のお宿は
吉良川町「角屋」さん。
こちらは、一棟貸しと言う、さてさて、どんななんだ?
予定より少し遅れる旨、電話すると、ご主人、宿の場所も、詳しく教えていただき、無事到着。

バイクは屋根のあるところへと、カーポートから自家用車を避けてくださり、しかも、バイクも動かしくださる…申し訳ござらんヾ(´ε`;)ゝ…。

b0027899_22381783.jpg
私が泊まったのは左の棟。洋室。
キッチンと寝室のふた部屋にシステムバス付き。
広くて寂しいかなと思いましたが、全然!
自分の家みたいに、くつろげる、不思議な空間でした。
b0027899_22382294.jpg
こちらは正面玄関。
和室の方はこの奥らしい。

食事はついてないので、このキッチンで調理してもいいし、近所のお店で済ましてもいいというプラン。
紹介していただいたのが、
徒歩二、三分の「海仙」という居酒屋さん。
b0027899_22450142.jpg
ちょっと写真暗いけど、まあああ、素敵な佇まい。
こんばんは〜と入っていきますと、
明るく、居心地いい店内。
カウンターには先客。
単なる酔っ払いと思いきや(ごめん)
こちらは、観光案内していらっしゃるT氏。
しばし談笑。
おかみさんも混じって、さらに談笑!!!
あ〜旨い酒になりました。
帰る頃、来店のお客さんともまた談笑!!!!!
「お一人ですか?」「はい」
「お遍路さん?」「バイクで」
「へええ〜〜〜」

という、パターン。
こんなおばちゃんは、人生の終点にお遍路さんってことが多いんかな(笑)。
それでも、本当に一人旅に優しい高知。
どこへ行っても、
「おはようございます」
「こんにちは」
先に挨拶してくださる。
道を尋ねても、
本当に親身にわかりやすく、教えてくださる。
いいところ。いい思い出。

(一旦送信)

[PR]
# by b6_2000 | 2017-10-25 22:56 | バイクのこと
次なる目的地、桂浜を目指して、56号線。
近くなったり、遠くなったりする海辺。
視界に飛び込んでくる海。
海は海なんやけど、見たことない、海の感じ。
なんだ?地球を感じる風景?
ず〜っと、ず〜っと、ず〜っと、海で、そりゃ、クジラもウミガメも来るわな〜っと。
海がね、広いんです(当たり前(≡ε≡;A)…)。

途中で、時々高速無料区間って案内があるのですが、高速乗って、えらい所へ行ったらアカンので、地道に下道(笑)。
久礼って所へ寄りたかったのに、なんだかわからぬまま(ーー;)、須崎まで来てしまう(しっかりせえよ、私)
b0027899_11133460.jpg

かわうその里すさき。
かわうそが居るんかな〜ここら辺に?
愛らしいかわうそグッズがあってしばし和む。
(けど、買ってない(笑))
b0027899_11132122.jpg
これを食べねば!カツオのたたき!粗塩でイタダキマス。
タレつけてもいけます!
昼も過ぎてるので、先を急ぐ。

横波黒潮ラインってところを走りたかったのですが、道を尋ねたにもかかわらずまた、迷うと言う、自分が信じられないっ( ; ; )。
b0027899_11164776.jpg
間違えて23号線を走った後、合流する、横波黒潮ラインの終点あたり(大汗)。
しかし、いい天気でいい景色。ただ、この日も暑い。
さらに進んで、桂浜手前の海岸沿いが、工事で大渋滞。
暑いし、疲れてきたし。

b0027899_11225682.jpg
なんとか、桂浜に到着。
しかし、ここ、浜と言いつつ、駐車場へは、めちゃ急な上り坂。
さらに階段を上ってもう、暑さでヘトヘト。
龍馬像の写真も、ただシャッター切っただけ感(笑)
でもせっかく来たので、浜を少し散策。
ほんま、ここも、海が広い。
龍馬さんも、そりゃ〜こんな海見てたら、視野が広がるはず。
b0027899_11231817.jpg
b0027899_11231246.jpg
b0027899_11230171.jpg
高知市内も行きたかったけど、
次なる目的地、室戸岬へ。

続く

[PR]
# by b6_2000 | 2017-10-24 11:29 | バイクのこと
山文さんの夕食。
b0027899_20234997.jpg
ん〜〜ちょっと物足りない?
けど、お刺身は甘みがあって、他も、手作りでほんとうに美味しかった。ご飯も炊きたてのツヤツヤで!


10月11日 晴れ
b0027899_20265836.jpg
b0027899_20270235.jpg
b0027899_20264522.jpg
b0027899_20301564.jpg
早朝散歩に出かけて撮った写真。
ネットの写真はホンマやった!
船が宙に浮かんでる。
写真には撮れなかったけど、
魚も悠々泳いでます、トビウオがピュンピュン跳ねてます。
お宿のご主人も、
「今度は泳ぎにおいで」っておっしゃってました。
そうやね!

さて、柏島を後にして、今日は太平洋沿いを激走予定。
まずは足摺岬へ。

ここから、そうです、私、方向音痴です。
ナビも貧乏でついてません。あるのは、アバウトなツーリングマップルのみ!
迷いに迷う(笑)
しかしです!ここは四国、お遍路さんの聖地。
道を尋ねると、老若男女どんな方も、こんな方向音痴オバちゃんに、わかりやすく、教えてくださいました。
本当にありがたい。
一人旅や、とか
言うけど、ほんまは全然一人と違う。
いろんな方に出会って助けてもらって、成立する、それを実感しました。

R321サニーロード。
南へ走ると、
山道〜カーブ〜防波堤〜海岸!
フォ〜〜〜〜!
突然波が右手に!

b0027899_20412294.jpg
バイクを停めて徒歩。
b0027899_20350652.jpg
ピンボケでスマン( ̄  ̄;)
この緑のトンネルを抜けると。
b0027899_20351949.jpg
b0027899_20411831.jpg
日本の先っちょ!
b0027899_20410952.jpg
断崖絶壁!

バイクに戻ると、親戚の用事で高知に来たという熟年ダンディーとそのお母様に話しかけられ、昔カブに乗ってたのよ〜というお母様、80代後半。
「気をつけて〜」と
交わしてお別れ…。


続く

[PR]
# by b6_2000 | 2017-10-21 20:58 | バイクのこと
フェリーでは、船酔いにならないよう、寝るかデッキと決めております。
しばらくは、展望デッキで、海が珍しく、海や〜海や〜と、心で叫び続け…。
b0027899_09481720.jpg

しばらくして、早起きやったし、体力温存のため、ごろ寝。

b0027899_09522818.jpg

遠くに四国が見えてきました。
いそいそと、下船準備。
してたら、あれ、メット無い!
メットを船内に置き忘れてきて、慌てて戻るとかいうオッチョコチョイぶりヾ(´ε`;)ゝ…

そんなこんなで無事下船。
給油したGSで徳島インターへの道を教えてもらって、ここからはひたすら高速。
風圧との戦い(笑)
でもすごく空いていて四国の人は高速乗らんの?ってくらい、走りやすい。
初心者には好都合でした。
b0027899_09543062.jpg
そろそろ、お腹もすいてきたので、吉野川SA。
ハイウエイオアシスって書いてあるので、期待していたら、コンビニだけ?
お隣に温泉施設があるようでしたが、こっちを指して言うのね…
仕方なし、ここまで来て、コンビニおにぎり( ; ; )。

そしてまたひたすら西へ西へ徳島道から松山道。
日差しもあり、暑い。
冬ジャケの下はTシャツだけだけど、暑くて、喉も渇くし…
車なら、運転中、ちょいとお茶飲むとか簡単ですが、バイクは停車しないと水分取れない…
CBRの前のタンクとリアバッグに挟まれ、フタコブラクダに乗って、砂漠を激走してるよう(笑)
時折、ちらっと見える海に、また、海や〜っと叫ぶ、元気は残っています。

松山を過ぎたあたりから、今度は宇和島へ南下していくのですが、パーキングがほぼ無い。
下道に、道の駅の案内はあるのですが、これ降りたら、タイムロスやしな〜と思っているうちにもう、終点。
手がしびれて、もうコンビニの看板が光り輝いて見える(笑)。
ここからは大月ってところを目指し、海沿いの道を快走。
ですが、時間がタイトなため、どこも寄り道できず。
大月あたりのGSで、柏島に行くと言うと、
「夕日に間に合うといいですね」
と。

お宿は「山文」さんという、食料品店併設の民宿。
何軒も民宿が密集している場所だったので、分かりにくかったのですが、
道端で立ち話してるご婦人に聞くと、
「ナビ付いてへんの?あこれ、息子と同じバイクやわ〜と」
親切に(豪快に)教えてくださいました(笑)
b0027899_10143694.jpg
無事チェックインして、噂の海へ。
日没にも間に合いました。
絶景かな〜!
この日は少し雲があったのですが、なければ、だるま夕日やったやろね〜。

つづく



[PR]
# by b6_2000 | 2017-10-19 10:20 | バイクのこと

風になびくままのV6と9mmと125ccバイク、な、日々、妄想入ったり歪んだり。


by b6_2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28